2018年5月25日金曜日

自分の「反対側のこと」を知る大切さ


少し前の話になりますが、こんなことがありました。
ある会社の担当者との間で、契約関係のちょっとした重要書類を郵送でやり取りをしたのですが、その会社からは契約書類だけが小さな封筒に折りたたまれて送られてきました。

こういうマナーにはいろいろな考え方があるのを承知していますが、私は特に大事な書類は折り曲げない、送る時は必ず送付状をつけるということでやっていましたし、関係先からも同じように対応されていたので、私が日ごろ接しているものとはちょっとかけ離れていて、さすがに「ん・・・」と思ってしまいました。

やり取りをしていた相手は主任クラスの男性なので、十分に社会人経験は積んできたと思われる人です。それなりに付き合いがある関係だったので、ある機会にそのことを一応確認するつもりで話をしてみました。
すると本人はちょっとバツが悪そうに、こんなことを言います。
「今まであまりこういう書類のやり取りや事務処理をやったことがなかった」
「やり方は何となく知っていたけど、相手が知り合いなので、まあいいやと送ってしまった」
というような感じでした。要は「どうすれば良いのかをあまりよく知らなかった」ということです。

こんな知識の抜け落ちのようなことは、どんなに経験豊富な人でも意外にあるものですが、この件を私自身に置き換えて、そんな書類送付のマナーをいつ誰に教わったのかと考えてみると、そういう記憶はほとんどありません。
あえてそのことを取り上げて教わったことも、どこかの研修で出てきたこともありません。実際には研修などをされていて、それを覚えていないだけかもしれませんが、覚えていなければ教わっていないのと同じことです。

ではそのマナーをどうやって知ったのかを考えると、たぶん「送られてきたものを見たことがあるから」です。「送られてきた書類を受け取る」という反対側の経験をしていたおかげで、いつの間にかそのことが知識として刻まれていて、反対に自分が送る側になったとき、それを真似することができたのです。
先方の会社の担当者が「あまりやったことがなかった」「知らなかった」といったのは、たまたま反対側の経験をする機会がないままできてしまったということでした。もう少しいうと、たぶん何かしらの書類を受け取った経験は絶対あるはずですが、その点に興味を持ってみることをしなかったので、知らないままできてしまったのでしょう。

これはどんなことでもそうですが、何か物事を知るにあたって、他人からきちんと教えてもらえることは、それほど多くはありません。意識的に勉強していることであれば別ですが、そうでないことは、自分の身の回りで起こっていることや経験したこと、他人の話や本などから、無意識のことも含めて知識を得ていることも多いのではないでしょうか。

そんな時に私が思うのは、「自分の反対側で起こっていること」に興味をもって、それを知ろうとすることの大切さです。
よく「その立場になって初めて大変さがわかる」などと言います。
生徒から教師になる、部下から上司になる、売る側と買う側、食べる人と作る人、親と子、そんな両方の立場を経験して初めて相手の事情がわかることは多いですが、「反対側のこと」がいつか自分にも関係があるかもしれないと、興味を持ってみていれば、実際そうなったときのギャップは少なくなります。

相手目線の一種かもしれませんが、自分の「反対側のこと」を知るのは、自分の視野を広げるためには絶対に必要です。特に年齢を重ねてくると、周りの人が教えてくれたりダメ出しされたりする機会はどんどん減ってきます。自分で意識して直すしかありませんが、そこで自分と対極にある「反対側のこと」を考えてみると、いろいろ見えてくるものがあるはずです。
「反対側のこと」を知ろうとするのは、意外に大事なことだと思います。

2018年5月23日水曜日

それは「指導」か、それとも「洗脳」になっていないか


日大アメフト部の危険なプレーの問題で、加害側の選手の記者会見を見ました。謝罪したい意向を監督やコーチからとめられ、真実を話すことが謝罪につながると考えたこと、顔を出さない謝罪はあり得ないと考えたことが、今回の会見に臨んだ理由とのことです。
実際にあったことの経緯説明、監督やコーチのせいにせず、正しい判断ができなかった自分の責任だと誠実に話す態度などを見て、私はよくこの場に出てきて話す決断をしたと、その勇気を含めて感銘を持ってみていました。

結局、監督やコーチから、「やる気がない」などのあいまいな理由で練習から徹底して外され、せっかく選ばれていた代表を辞退するように言われ、それを避けるためと称して何度も執拗に反則行為を強要されていました。そして本人はやるしかないということしか考えられなくなり、当該行為に及んでしまったということでした。
コーチから「やるしかない」「自分から言いに行け」「相手が怪我をすればこっちの得」など、精神的に追いつめられるようなことを言われ続けていました。

本人は「指示に対して正常な判断ができなかった自分の弱さ」と言っていましたが、体育会の強い上下関係という組織体質から考えれば、ここまでプレッシャーをかけられてなおかつそれをはねのけるのは、かなり難しいことでしょう。「もうアメフトをプレーすることはない」とも言っており、有望な選手の将来をつぶす結果となってしまいました。

監督やコーチは、もしかするとこの加害者となってしまった選手のレベルアップのための「指導」のつもりだったのかもしれませんが、問題はその方向とやり方を大きく間違ったことにあります。
私は一連の話を聞き、これは「指導」ではなく、一種の「洗脳」だと感じました。

「洗脳」とは、強制力を使ってその人の思想や主義を根本的に変えさせて、こちらの思う通りの行動、思考を持たせることを言いますが、その強制力には必ず暴力的な言葉や行為が含まれるのだそうです。
今回の件はまさに当てはまりますが、これと似たようなことは企業の中でも起こり得ることです。パワハラなどはただの嫌がらせも含みますが、思想や行動をネガティブな方向に無理やり変えさせたとすれば、それは「洗脳」と言ってしまってよいでしょう。そしてそのことを「指導」と称しているケースは数多くあるのではないでしょうか。

「洗脳」には「罪悪感を植え付ける」「精神を崩壊させる」「支配する」といったネガティブな要素があり、ここから見れば「指導」と「洗脳」は、大きく根本的に違いますが、「人の行動を変えさせるように導く」という結果だけにフォーカスすると、それはどちらにも当てはまります。
それは、結果だけを見てプロセスを間違うと、「指導」が「洗脳」になってしまうことがあり得るということです。

あらためて「指導」の難しさ、そして「指導者」と言われる人たちの人格の重要性を強く感じているところです。


2018年5月21日月曜日

アメフト不祥事で思う「組織の論理」から逃げられない怖さ


アメリカンフットボールで、日本大学の選手による危険なタックルと、何度も繰り返された反則行為に関する話題がなかなか収束する気配がありません。

私は初めツイッターの動画で見て、素人目でずいぶんひどいなと思っていましたが、その後競技経験者や指導者、くわしいファンなどの指摘を聞いていると、全員が口を揃えて「あり得ないプレー」と言い、最初の危険なタックルをした段階で、その選手をベンチに下げて叱責、指導をするのが当然だと話していることから、自分が思っていたよりも、さらにひどい行為だということを知りました。

今まで日本代表にも選ばれ、そんな乱暴なプレーをしたことのない選手が、なぜそんな行為に及んだのかという話でも、多くの関係者が監督やコーチから何かしらの指示、プレッシャーがなければそんなことは絶対しないと言っています。今後どこまで真実が明らかになるのかわかりませんが、今の段階での情報からみると、選手個人の単なる暴走ではない何らかの指示があったと考えることが自然でしょう。

私は今回の件を、企業で起こる不正や不祥事と重ねて考えてみましたが、たぶんそういう問題を起こす企業以上に、逃げ場のない閉塞された状況だったのではないかと思っています。

例えば上下関係の絶対的な点は、企業でもその組織風土によっては似たようなことがあり得ます。ただ、企業の場合は辞めて転職して、他の会社で同じような仕事を続けるという選択肢がありますが、大学の体育会の場合は少し事情が違います。
何か嫌なことやおかしなことがあったからと言って、転職と同じように他校の体育会に入り直すことはできません。体育会活動を辞めることはできますが、大学も合わせて辞めることまではなかなか考えづらく、それはその学校の体育会に在籍し続けなければ、競技自体を続けることがかなり難しいということになります。

競技を続けるには、卒業までの間は体育会に在籍するしか選択肢がないとすれば、その組織で多少嫌なことがあっても我慢し、理不尽な要求でも受け入れざるを得なくなります。監督、コーチ、上級生の言うことは常に絶対であり、どんなに曲がったことでも「組織の論理」に盾突くことは、企業の場合よりも一層難しいはずです。

さらに監督が大学や競技団体の中でも重鎮となれば、何か物申すことで反感を買ってしまうと、学生としても競技者としても、何かしらの不利益を被ることは明らかです。選手は年齢的にも二十歳そこそこですし、大人の言うことに毅然と立ち向かうのは難しいでしょう。

完全に干された状況になり、試合にも一切出してもらえないとなると、競技者としては非常に大きなマイナスです。これが企業の場合だと、こちらに非がないのに急に首になることはありませんし、仮に干されたり左遷されたりしても、給料がまったくゼロになることはありません。

また、非常に緻密な戦術と、選手の細かな役割分担をするアメリカンフットボールという競技の特性上、監督やコーチの指示が絶対的になりやすいという面もあるでしょう。
このように今回の件は、本人の意志に関わらず、「組織の論理」に従わざるを得ない側面が非常に強かったことは間違いありません。

「組織の論理」に引きずられ、自分が納得できない悪事を実行しなければならなくなったとすれば、それは非常に不幸なことです。今回はそれを拒んだときのデメリットがあまりにも大きいことから、選手は従わざるを得なかったのではないでしょうか。

あらためて「組織の論理」が乱用されることの怖さを感じます。まだ若くて将来がある選手には、何とか良い形で立ち直ってほしいと思っています。