2017年3月27日月曜日

「この話は役に立つのか」といった人が、受け止め方で損していると思ったこと



ある会合のセミナーの後、いつものように懇親会がありました。
そこで何度か見かけたことがある、たぶん年齢60代前半くらいと思われる男性が、私に「今日のセミナーの内容は、皆さんは聞いていて役に立つのですか?」と聞いてきました。

当然ですが、セミナーテーマは事前に告知されていますし、その時の内容は、心理学的な知見を対人コミュニケーションやマネジメントに活かそうというものだったので、たぶんほとんどの人に何らかの形で役立つものだと思います。ただ、その男性にとっては、どうもそうではなかったようです。

私自身は、わりとどんな分野の話でも興味を持って聞く方ですし、その道の専門家の話というのは、どんなテーマであったとしても、一つや二つは必ず学びになることがあります。
ただその人は、「自分にとっては何が面白いのかさっぱりわからない」「もっと自分の専門分野につながる話が聞きたい」などとおっしゃいます。共感できることがよほどなかったのかもしれませんが、他の聴講者の反応から見ても、かなり異質の捉え方です。
セミナーテーマは初めからわかっている訳ですから、「それなら初めから聴きに来なければいいのに・・・」と言いたいのを飲み込んでいました。

その後、この男性は別の女性にも同じ話をしていましたが、その女性からはこんな反論をされていました。
「自分の知らない話だからこそ、面白いのではないですか?」
「自分の専門分野の話は、そのつもりになればすぐ聞けるのではないですか?」
「私は自分があまり知らない分野な話だったので、興味深くてものすごく面白かったです!」
「自分の仕事に活かせそうなことが、いくつもありました!」
このやり取りを聞いていて思ったのは、情報を自分の身になるようにするには、結局はその人の好奇心の持ち方と、受け止め方の違いしかないのだということです。
ちょっと言い方を変えると、「いかに自分事に置き換えることができるか」ということで、さらに言えば、「何でも面白くないという人は、何でも面白いという人より損をする」ということです。

たぶんこの男性は、自分にとってあまり興味がない話で、何に活かせるかをイメージできず、自分事にはできなかったのだと思います。本人にとっては、あまりにも自分からかけ離れた内容の話だったかもしれず、それについて責めることはできませんが、もともとの好奇心の幅は、あまり広い人ではなかったのではないでしょうか。

一方、反論した女性の方は、もしかしたらもともと自分の興味が強い分野の話だったかもしれませんし、直接的に役立つ話だったのかもしれませんが、自分事として取り込む力と好奇心の広さがあることはわかります。「知らない話が面白い」というのは一種の知的好奇心ですし、過去にもそれが満たされる経験をしていて、そういう受け止め方をするようになったのではないでしょうか。

この受け止め方というのは、自分がちょっと意識するだけで変えることができます。自分の身の回りであったことと重ね合わせたり、過去の経験と突き合わせたりすることで、自分事につなげることができますし、「面白い」「役に立つ」という成功体験が増えれば、好奇心の幅も広がります。

これは個人的な話ですが、「あの時に興味がないといって何もしていなければ、その後の大きな展開はあり得なかった」という出来事が、ここ最近続けて何度かありました。
とりあえず話を聞いてみて、参加してみて、そうやって受け入れてみた上であらためて考えることが、やっぱり何かと良いように思います。

2017年3月24日金曜日

日本人は「撤退が下手」といわれる理由を聞いて思ったこと



あるところで「日本人はなぜ撤退が下手なのか」という記事が目に入りました。
私はこれまであまり気づいていませんでしたが、企業戦略、軍事、その他のいろいろな視点から、「撤退」について書かれた書籍というのは、ずいぶんたくさんあるようです。

残念ながら私は、ごく一部を斜め読みした程度の知識しかありませんが、今回目にした記事でまとめられていたことに興味を持ちました。
 
書かれていたのは、
「もともと日本人は、狭い集落の中で一生を過ごしており、その集落の人たちと長期的な関係を築くしかなかった
「そのため、集落で何か不満があっても、『見切りをつけて他に行く』という選択肢は存在せず、粘り強くその集落の中で解決するしかなかった
「その結果、粘り強く取り組む人だけが自然淘汰で生き残って、現在の日本人を形成した」
「だから、もともと日本人には、『撤退する』という選択肢がなく、そのことを真剣に考える気質も生まれなかった」
ということでした。
また、「日本人が『長期的』という言葉が好きなことと共通の理由でもある」とされていました。

こう指摘されると、思い当たることがいくつもあります。
「会社を辞めずに長く勤めること」「修行、下積みといって一つのことに長い期間取り組むこと」は、今でも美徳として捉えられることが多いです。それが滅私奉公であっても、理不尽なことや非効率なことがあっても、「撤退せずにやり続けること」がたたえられます。
「石の上にも三年」「辛抱する木に金がなる」「牛の歩みも千里」「待てば海路の日和あり」など、忍耐の必要性を説いたり、努力を続ければ成果が得られるといった、やはり「撤退せずに続けることが好ましい」というニュアンスのことわざもたくさんあります。

ただ、昨今の環境変化を見ていると、「撤退」を避けていては、成り立たないことが多くなってきています。
例えば、「労働力の流動化」を進めなければ成長産業の発展が遅れ、国全体の経済にはマイナスだと言われます。いま自分がいる環境を見切って「撤退」し、新しい環境を求めようとする人が増えていく必要があります。
人材不足が進む中では、人材の育成速度を速める必要があります。スピードを上げるためには優先順位が高いこと、得意なこと、向いていることに注力し、他からは「撤退」することも必要です。どんなことでもじっくりコツコツという「長期的」ばかりでは成り立たないことが増えています。

社会環境が大きく影響することなので、一概に個人の責任ではありませんが、こういう姿勢は日本人のDNAに刻まれたものだと言われてしまうと、これを変えていくためには、本能的に不快と感じることを無理やりでもやらせるということになります。かなり強い刺激と強制が必要ということになるのでしょう。

社会制度においても、企業の人事制度などにおいても、日本人が不得手な「撤退」を含んだ取り組みが必要になってきているということでしょうが、その一方、そんな本能に反するほどの不快なことを強制してまで、何か変える必要があるのだろうかという思いもあります。
本能的に不得手なことを、無理やり強制されてやり続けなければならない環境は、不快で生きづらいことこの上ありません。ただ、続けていればいつの間にか慣れてしまうのかもしれません。

いずれにしても、「撤退」が苦手な日本人の生き方は、意外に難しいところがあるようです。


2017年3月22日水曜日

篠田桃紅さんとイチロー選手が異口同音に語っていた「無駄」に関する話



多くの人は、ビジネスの場での「無駄」は大敵と考えていると思います。できるだけ無駄なく、効率的に物事を進めることが最も良いことで、みんながそのことに向けて工夫や努力をしていると思います。
タイムイズマネーなどとも言われます。

ただ、最近目にしたまったく別の二つの記事に、奇しくも同じ「無駄」について書かれたものがありました。
一つは著名な女流画家の篠田桃紅さんが、「103歳になってわかったこと」という著書の中で書かれていることが紹介された記事です。

要約して紹介させて頂くと、
「人は、用だけを済ませて生きていくと、真実を見落としてしまう」
「雑談や衝動買いなど、無駄なことを無駄だと思わない方がよく、無駄にこそ、次の何かが兆している」
「人は、寄り道をしたり、道草をくったり、どん底を味わったり、失敗や嫌な目に遭うという、人生の無駄を経験するからこそ、人としての味や深みが出る」
「もし、やることなすことすべてうまくいき、効率的で全く無駄のなかった人生を過ごした人がいたとすれば、およそつまらない人間が存在していることになる」
などとありました。

「無用の用」という老子の言葉があり、一見すると役に立たないようなことが、実は大きな役割を果たしている。無駄のある人生も、時にいいものだとされていました。

もう一つは、大リーグのイチロー選手とオリックスグループの元CEOである宮内義彦氏の対談記事です。

ビジネスパーソンとして無駄な時間が嫌いという宮内氏に対して、イチロー選手は
「自分はいかにムダな時間を過ごすかということを大事にしているところがある」
「最初からあるべき姿に到達するのは不可能で、まずはムダな時間を経験して、そこから削ぎ落としていくことによって、ようやく自分の行きたいところに近づけるのではないかと思う」
「合理的に考えすぎてムダの生じないような進み方をしようとすると、結局近づくことすらできない」
という話をしています。

宮内氏も「何がムダなのかは結局、やってみないとわからない」と同意していました。

私自身も、もともとは「無駄なことは極力したくない」と考えていた方ですが、特に独立して自分で仕事をするようになってから、「何が無駄で何が無駄でないかは、長い時間が経ってみないとわからない」と強く思うようになりました。
多少年令を重ねて経験が増えたとか、独立して自分のことを人任せにできなくなったからとか、そう思うようになった理由はいくつかあるかもしれません。

特にここ数年は、計算ずくのつもりでやったことが、思いのほかうまく行かないことが何度もある一方、まったく意識せずにたまたま参加していたことが、かなり後になってから思いがけず役に立ったり、たまたま出会った人たちから思いがけない話をもらったり、急激に親密な関係になったりすることがあります。

そんな経験を通じて、好ましい場や付き合うと良い人といった感度は、少しずつ上がっていると思いますが、それでも相変わらず無駄と思うことはあります。ただ、そんな無駄も今後永久に無駄であり続けるかどうかはわかりません。ある日突然役に立つときが来るかもしれません。

皆さんもそんな経験の一つや二つはあると思いますが、私がこのお二人の話から学んだことは、「無駄とか言って理由をつけずにとりあえずやってみれば、どこかで役に立つことがある」「やってみなければ、それが無駄かどうかはわからない」ということです。

私は「どんなことでも好奇心旺盛に」とはなかなかいきませんが、人との出会いやお付き合いだけは、無駄などと言わずに極力取り組むように心がけています。そのおかげで確かにいいことはたくさんありましたし、それがずいぶんな時間が経ってからということもありました。
未だに芽が出ないものも多々ありますが、それが無駄かどうかは、今の段階ではやっぱりわかりません。

「とりあえずやってみれば、どこかで役に立つことがある」「やってみなければ、それが無駄かどうかはわからない」という言葉は、常に心に留めておきたいと思います。